FXの損切りの目安の決め方をご紹介

損切りの目安の決め方  

損切りとは、現在持っているポジションの損失をこれ以上膨らませたくないというときに損失を確定させることを言います。

実際のFXの取引では、成り行き注文(レートを指定せずに注文する方法)や逆指値注文(損失を食い止めるためにあらかじめレートを指定しておく方法、ストップロス注文)をすることで損失を抑えることができます。どちらを選択するかは好みによりますが、特に長期トレードの場合は画面から離れることが多いので逆指値注文は必ず入れておきましょう。

しかしこの損切りのやり方がわからない、または苦手だという人が大変多く、FXで失敗・損してしまう原因になっているのです。

次のような経験のある方は要注意です。

  • 損切りの入れ方がわからない
  • しっかりと損切りの設定を入れたのにすぐに誤差の揺れに引っかかる
  • エントリーに失敗、チャートが予想と反転しているのにダラダラと見守る
  • 気づいたら損失が許容範囲を超えていた

損切りの目安を決めるには、このような失敗・損をしないよう対策していく必要があります。

必ず損切りラインを考えておくこと  

FXでは、あらかじめどういった場面で損切りをするのか決めておく、つまり自分の中にルールを作っておくことが大切になってきます。しっかりと作り上げたルールに従って損切りが実行できていれば、大きな失敗を免れることができ、FXで安定した勝率を上げられることができます。

多くの方ができていないポイントがこの段階です。そのため、損切りルールを作り、忠実に守る、ということは常に頭に入れ取引を行いましょう。

目安の例1. 短期トレードの場合

FXでのデイトレードやスキャルピングなど、比較的短い時間での取引では、相場の細かい動きの中から為替差益を取っていくことになります。ここで厄介なのが相場の一瞬の誤差の揺れ(チャート上のひげ)です。そのため損切りラインをこの揺れに引っ掛けないようにする必要があります。

具体的な案として、米ドル円でいうとエントリー地点から-25pipsの幅を持たせて設定すれば良いでしょう。理由は揺れの幅がそれ以内に収まることがほとんどだからです。それ以上のひげに触れてしまったらいさぎよくあきらめましょう。

損切りチャート

ちなみにこの案で引っかかった場合、1ドル100円で1万通貨を持っているときには2千5百円負けたことになります。多くの人が始めやすい元手10万円(レバレッジは10倍)で1万通貨から、という状況で考えるとイメージしやすいと思います。

あとは取引したい通貨や自分の経験を元に、幅を狭めたり広めたりしていくことになります。たとえば、

  • ボラティリティ(値動きの上下)が二倍のポンド円なら幅も二倍
  • 全然予想した方向に動かず利益が見込めないから早めの損切り
  • 利益が出てきたので徐々に幅を狭める

などが考えられます。

重要なのは、一度決めたラインは絶対に広げないということです。しっかりと守りをかため、失敗しないようにしましょう。

目安の例2. 長期トレードの場合

FXの長期トレードでは、長いトレンドに乗った為替差益と、通貨間の金利差(スワップ)を狙うことができます。スパンが長いため、短期トレードとは違った戦略が必要になってきます。

具体的な目安の決め方としては、

  • 予想したトレンドが続かない、あるいはトレンドが否定されたポイントで損切り
  • 資金がどこまで耐えられるか

の二つのルールが考えられます。

長期トレードでは、どちらのルールで損切りラインを取るにしてもルールから外れた際にはいさぎよく損切りしてしまうようにしてください。塩漬けにしてしまうと大きな損失をかぶる可能性があるからです。

長期トレードでも経験をつむことにより、通貨ごとに損切りラインを調整したり、状況を見ながら幅を狭めていったりできるようになります。

まとめ

失敗しない損切りの目安は、自分の取引スタイルに合ったルールを作り上げることと、ルールは必ず守る、という二点から考えることが大切です。

はじめは上に記述したやり方でやってみて、徐々に自分に最もあったルールを考えていくと良いです。

FXでは、どんなに上級者の方でも予想が外れることはよくあります。初心者の方との大きな違いは、そんなときの損切りがうまく、勝ち分をより多くのこせている点です。

どうしても結果的に負けてしまうという方は、まず損切りを徹底して行い、守りを固め、いずれ来る大きな利益を逃さず取れるよう心がけてみてください。

関連コンテンツ

次へ進む »